とっても可愛らしいコンゴウフグ(別名ミナミハコフグ)の赤ちゃん。

あまりの可愛さに日本の水族館やペットとしても大人気のようです。

見た目はとても可愛いコンゴウフグですが、ハコフグの仲間は皮膚(ハコの表面)から毒を出す事があり、コンゴウフグも微弱ですが毒を放出することがあるようです。飼う時は混泳(他の魚と一緒の水槽で飼う)は控えた方がいいようです。もしコンゴウフグが毒を放出した時は、急いで水換えしないと、自分の毒で死ぬこともあるようです。

エビくんが食べられちゃう動画かと思ったら違いました。

お掃除やさんのエビくんに綺麗にしてもらっているようです(笑)

毒は大丈夫なのかな?と思いましたが、毒は身の危険を感じた時以外は出さないようです。

餌によっても毒素の強さが変わるようです。

そういえば養殖のトラフグは毒が無いと聞いたことがあったので調べた所、少し驚く事実が。

トラフグはエサによっては毒を持たなくなりますが、体に毒を持っていないトラフグは免疫力が弱まってしまうらしく、無毒のトラフグと有毒の天然トラフグを同じ生簀で飼育すると、無毒のフグが天然フグを襲って毒を自分の体に取り込もうとするそうです。そのため現在はテトロドトキシン含有のエサも発売されているとのこと。

トラフグの完全無毒化は養殖と言えど難しいのかも知れません。

 

共有ボタン