水鉄砲のように水を飛ばすことで知られるテッポウウオ(英名ArcherFish)

インド、マレー半島、フィリピンなど東南アジアのl主にマングローブの森のような汽水域(海の水と川の水が混ざり合う場所)に生息していますが、川の上流中流域でも見られるようです。日本では沖縄や西表島にもいるそうです。

頭から背びれにかけてまっすぐな形が印象的です。

テッポウウオは水面下からレーザービームのよう水を勢いよく噴射し、木の枝などに止まっている虫を狙い撃ち落とします。

単純に獲物めがけて水を飛ばしているだけのように見えますが、ちゃんと獲物までの距離を計り、水を巧みにコントロールし最適な形状にして飛ばすのです。

まるでオーラを自在に操る念能力者のようです。

そしてさらに人間の顔を見分ける能力もあるという研究結果もあるようです。

餌が貰える顔をちゃんと覚えていて、その顔へ水を飛ばしています。

魚のように小さい脳に、このように優れた記憶力や計算能力があることは驚きです。

頭がいい上に正確なコントロール。テッポウウオとアプローチ対決をしたら勝てそうにありません。