ハワイ諸島沖の水深4300メートルの海で見つかった白いタコ。

このようなタコは文献に記録されておらず、新種の可能性が高いのだそう。

腕が八本あるタコの仲間でヒレを持たないタコが、これほど深い海で見つかったことも無いそうだ。

深海のタコの仲間はダンボオクトパスなどのようにヒレがあるのが普通らしい。

見た目が「おばけのキャスパー」に似ていることから、あだ名は「キャスパー」に決まったそうだ。

たしかにキャスパーにそっくり、いやキャスパーよりも可愛らしい目をしてる気がします。

 

深海にはまだまだ見たこと無い生物がたくさんいそうですね。

深海探査の技術が発達して、もっといろいろな生物が発見されるのを期待せずにはいられません。