深海にすむなにやら大きく変わった姿をしたクラゲです。

袋にはまるで「ほおずき」のような模様があります。

膨らむと気球のような形をしています。

遠隔操作型無人潜水機「ハーキュリーズ」に取り付けられた最新鋭のカメラがとらえた深海のクラゲの映像だそうです。

このクラゲはミズクラゲの仲間で、水深500メートル以上に生息し、傘を広げた大きさは1メートル以上にも。

その大きな傘を使って、魚などをまとめてをガバっと捕まえてしまうのだそう。

このクラゲの天敵はウミガメで、ウミガメはこのクラゲとビニール袋を間違えて食べてしまうという説もあります。

萎んだウォーターサーバーのペットボトルにも似ています。

膨らんだり、萎んだり、変幻自在に形を変えて魚を捕まえたりもできるようです。

深海には奇妙な姿をした生き物が、他にもまだ沢山いると思うとワクワクしますね♪